軽貨物

猫のように自分らしくありのままに生きていこう!

黒ナンバーは自分で簡単に取得!これであなたも軽貨物ドライバーになれる!

 
黒ナンバー取得
この記事を書いている人 - WRITER -
ねこえもん
大手小売業で販売員 ▶ 通販会社で執行役員 ▶ 40代で脱サラ ● フリーランスとして『自由な生き方』を実践 ● 宅配ドライバーで生活費を稼ぎながら様々なネットビジネスに挑戦中 ● 猫雑貨の専門店開業が将来の夢 ● 兵庫県在住45歳
詳しいプロフィールはこちら

 

これから軽貨物の仕事を始めようと思うのですが、黒ナンバーの申請とか難しそうだし、どうすればいいのかわかりません…。

困っている人

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

 

●黒ナンバーとは何か

●黒ナンバー取得のメリット・デメリット

●黒ナンバーの取得方法

 

本記事の信頼性

 

この記事を書いているボクは、約20年にわたるサラリーマン生活にピリオドをうち、現在はフリーランス軽貨物ドライバーとして活動しています。

 

前職の会社に在職中から、休日・すきま時間を使い副業で軽貨物の仕事をスタートさせていました。

 

PickGO(ピックゴー)ハコベルカーゴなどのスポット配送案件に始まり、複数業者での宅配の仕事を2年ほど続けております。

 

この記事は、ボク自身が中古の軽バンを購入し、実際に黒ナンバーを自分で取得した経験をもとに書いています。

 

※ねこえもんの詳しいプロフィールは…

 

 

今回は、これから黒ナンバーを取得し、軽貨物配送の仕事を始めようと考えているあなたに

 

黒ナンバーを取得する前に知っておいて頂きたいこと

 

黒ナンバーの取得までの具体的な手順について

 

を分かりやすく解説しています。

 

 

黒ナンバーの取得について、登録手続きを代行してくれる業者もあるようですが、それだけで数万円の費用がかかるそうです。

 

これから事業を始めようとしている時に、いきなりの出費は痛いですよね…。

 

黒ナンバーの取得は、以降で説明する手順で行えば、そう難しくはありませんし、費用もナンバープレート代だけで済んじゃいます。

 

ですので、黒ナンバーは自分で申請し、無駄な費用を抑えることを強くおすすめします!

 

この記事を読み終える頃には、あなたもきっと軽貨物ドライバーとしての第一歩を踏み出していることでしょう。

 

それでは、また記事の最後にお待ちしています。

 

黒ナンバーについての基礎知識、メリットや注意点をしっかりと理解した上で、実際の申請手続きを行ってくださいね。

ねこえもん

 



 

黒ナンバーって何?

 

黒ナンバー

 

黒ナンバーの定義

 

黒ナンバーとは、軽自動車を対象にした事業用のナンバーで、軽貨物自動車を使用して貨物の輸送を行う運送業者(個人/法人)が取得可能です。

 

正式には「貨物軽自動車運送事業」といいます。

 

貨物軽自動車運送業の定義

 

【貨物自動車運送事業法 第2条】

 

他人の需要に応じ、有償で、三輪以上の軽自動車および二輪の自動車を使用して貨物を運送する事業

 

 

簡単に言えば、軽貨物自動車または125CC以上のバイクで、運賃をもらって貨物を運ぶ事業ということですね。

 

 

黒ナンバーに使用できる車種

 

黒ナンバーに使用できる車種については、明確な要件があるというわけではなく、単純に車検証上の用途が「貨物」となっている軽自動車であれば黒ナンバーの登録が可能です。

 

黒ナンバーの車種としては、ハイゼットカーゴ(ダイハツ)、エヴリィワゴン(スズキ)、Nバン(ホンダ)などが人気です。

 

念のため、車を購入の際には、将来的に事業用として使用したいことを先方に伝えておきましょう。

 

 

黒ナンバー取得の要件

 

黒ナンバー取得の要件は、大きく分けて次の6つになります。

 

 

営業所・休憩・睡眠施設についての要件

 

車庫についての要件

 

車両についての要件

 

④適切な運送約款(運賃など)の設定

 

⑤適切な運行管理体制の整備

 

損害賠償能力

 

 

 

なんか、ややこしい単語がたくせん出てきて、とっつきにくそうではありますが、ぜんぜん難しくありません。

 

営業所や車庫は、自宅でも全然問題ないです(もちろん賃貸でも可)。

 

個人でスタートするのであれば、「自分ひとりだけ」ですので、管理体制もくそもありません。笑

 

特に立ち入り審査があるわけでもないので、書面上さえ上記の要件を満たしておればOKですよ。

 

以降で詳細は説明していきますが、黒ナンバーの取得は、ハードルはとても低く、誰でも簡単に取得できるので安心ください。

 



 

黒ナンバー取得のメリット・デメリット

 

メリット

 

黒ナンバー=軽貨物配送の仕事で使われる車』ということで、自家用に使用している車とは、税金や保険料などで違いがあります。

 

黒ナンバー取得申請の前に、しっかりとおさえておきましょう。

 

 

黒ナンバー取得のメリット

 

自家用車にくらべ、自動車税や重量税が安くなるのがメリットになります。

 

自家用の軽自動車(黄色ナンバー)だと自動車税は5,000円、重量税は6,66円ですが、黒ナンバーの場合、自動車税は3,800円、重量税は5,200円となります。

※どちらも重量税は新規届から13年経過していない車の場合の金額です。

 

 

黒ナンバー取得のデメリット

 

黒ナンバーの車両は、事業用に使用しますので、当然事故の確率が高くなります。

 

よって、おのずと自動車保険料(任意保険)は自家用にくらべ高くなります。

 

しかも、これまでの自家用車の無事故割引の等級は白紙になり、またいちからのスタートになるので、特に初年度の保険料は高くなります。(次年度以降、無事故であれば割引になっていきますが)

 

おおよその目安ですが、初年度の保険料は、自家用車の2~3倍程度、月間で12,000円程度になります。

 

ですので、本気で事業として取り組まないのであれば、むやみに黒ナンバーに変更するのはやめておきましょう。

 

 

また、黒ナンバーの任意保険を扱うことのできる損害保険会社も限られています。

 

東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパン、あいおいニッセイ同和損保、楽天損保、AIG損保となります。

 

比較的格安の保険会社である通販型のソニー損保やチューリッヒ等では取り扱っていませんのでご注意を。



黒ナンバーの取得方法

 

運輸支局

 

 

さて、それでは次に、実際に黒ナンバーを取得する方法を順を追って見て行きましょう。

 

ステップ① 運輸支局(運輸監理部)へ各届書を提出する

 

まず始めに、黒ナンバー取得には、運輸支局長(運輸監理部長)への届出が必要になります。

 

この届出書は、営業所を置く都道府県の支局(運輸監理部)へ提出しましょう。

 

※参考:国土交通省HP「全国運輸支局のご案内」

 

 

黒ナンバー取得基準(概要)

 

黒ナンバーの取得にはは、下記の基準があるので、事前に確認しておきましょう。

 

ただし、特に厳しい審査などはありませんので、自宅で1両、1人からでも全然問題ありません。

 

事業を始めるのに必要な施設など

 

車庫

 

原則として営業所に併設していることが必要ですが、併設できない場合、営業所から2km以内までとすることができます。

 

車庫地として使用する土地が、都市計画法などに違反していないことが必要です。

 

また、車両を全て収容できる広さがある土地の所有、借入の別は問いませんが、借入の場合は賃貸借契約又は使用承諾により土地の使用が確実なことが必要です。

 

 

車両数

 

事業に使用する車両は1両から始めることができます。

 

事業に使用する車両は、車検証上の用途欄が「貨物」となっている軽貨物自動車であること。


2輪車の場合は排気量125㏄以上であること。

 

 

その他

 

運行管理体制を定め、車両の自賠責保険・任意保険の加入が必要です。

 

 

 

 

必要な提出書類

 

運輸支局(運輸管理部)への届出には下記の書類が必要になります。

 

手続きがスムーズに行えるように、事前に作成しておくことをおススメします。

 

 

貨物軽自動車運送事業経営届出書

 

運賃料金設定届出書

 

運賃料金表

 

事業用自動車連絡書

 

車検証の写し

 

 

 

個人的には、下記のリンクの大阪運輸支局の例が、記入見本もあってとてもわかりやすかったので参考に作成してみてください。

 

ほとんどが車検証の内容を見れば、記載できるものばかりなので、安心してください。

 

手続き書類のダウンロードはこちら

 

※各運輸支局でも様式は置いてあります。

 

 

①~③については正本・控えの2部提出が必要です。(控えはコピーでOKです)

 

③の運賃料金表はサンプルを参考に作成とのことですが、ボクの場合はサンプルのコピーでそのまま提出しました。笑

 

特に料金のことに対して追求されることもないので大丈夫ですよ。

 

運輸支局は国の機関(役所)ですので、受付は平日のみで、受付時間も16時までなどと決まっているので、詳細については各運輸支局にお問い合わせ下さい。

 

ボクの場合は、仕事の昼休み中に書類を作成して、13時の受付開始で提出しました。

 

担当の方に書類をチェックしていただき、ものの10分程度で無事受理していただきました。

 

 

ステップ② 管轄の軽自動車検査協会で黒ナンバーを交付してもらう

 

ステップ①が完了すると、事業用自動車連絡書に運輸支局の受理印を押してもらえます。

 

次はそれを持って、営業所地域管轄の軽自動車検査協会で実際に黒ナンバーの交付をしてもらいにいきます。

 

こちらでは、現在の黄色ナンバーから黒ナンバーに変更という手続きをとります。

 

申請書類の提出もここでもありましたが、現地で配布されたものに、記入見本を参考に記入するだけなので、特に難しくはありませんでした。

 

今ついている黄色ナンバーを返納して、黒ナンバーに付け替える必要がありますので、ドライバーなどナンバープレートを外す工具があればベストです。

 

ボクの場合、何も考えずに行ったので工具も何もなかったのですが、検査協会の方に工具の貸出しもして頂けましたよ。笑

 

申請自体はそんなに難しい内容ではないのですが、こちらの検査協会は、平日でも自動車の販売業者や、修理業者などがたくさん手続きにこられているので、申請書類の処理待ち時間に1時間くらいを要しました。

 

最後にナンバープレート代として1,480円を支払い、すべての手続きが終了。

 

これで晴れて、軽貨物ドライバーの仲間入りができました!

 



 

まとめ

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

黒ナンバーの取得は、最初は難しそうに感じますが、実際やってみると結構スムーズにとれてしまいます。

 

しかも費用はナンバープレート代だけなので、ボクの場合は1,480円のみですみました。

 

もう一度、今回の記事をおさらいしておきます。

 

黒ナンバー取得のポイント

 

■黒ナンバーは、自宅でひとり、車両1台からでも取得できる。

 

■黒ナンバーは、自動車税重量税が優遇される。

 

■黒ナンバーは、自動車の任意保険料が自家用車に比べて高くなる。

 

■黒ナンバーは、管轄の運輸支局軽自動車検査協会で申請、取得できる。

 

■黒ナンバーは、自分で申請することで、低費用で所得できる。

 

 

 

以上のことから、黒ナンバーは最短2日で取得可能で、いますぐにでも軽貨物ビジネスがスタートできます。

 

しかも、ひとりで車両1台からでも開業できるので、個人の副業としてもとても始めやすいですよね。

 

PickGO(ピックゴー)ハコベルカーゴなどの軽貨物のマッチングサービスにパートナー登録する際にも、黒ナンバーの取得が必須条件になりますので、本気で稼ごうと考えている方は、すぐにでも黒ナンバーの申請準備を始めてください。

 

現在の運送業界は、慢性的な人手(ドライバー)不足

 

それと逆行するように、ECの拡大により、増え続ける『物量』にどう対応していくのかということが、今後の大きな課題となっています。

 

そこを大きなビジネスチャンスとして捉え、ぜひ一人でも多くの方に、軽貨物配送にチャレンジして頂けることを切に願っております。

 

あなたも一緒に、軽貨物ドライバーで最高の人生を手にいれましょう!

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ねこえもん
大手小売業で販売員 ▶ 通販会社で執行役員 ▶ 40代で脱サラ ● フリーランスとして『自由な生き方』を実践 ● 宅配ドライバーで生活費を稼ぎながら様々なネットビジネスに挑戦中 ● 猫雑貨の専門店開業が将来の夢 ● 兵庫県在住45歳
詳しいプロフィールはこちら










Comment

  1. 鈴木 誠 より:

    ねこえもん 様
    軽貨物運送事業に関するご丁寧な説明有難うございます。

    私は、昨年建築関係の会社を退職して住宅塗装事業を独立開業した者ですが、現在集客に苦労しています。
    何十万円もかけて集客や営業のコンサルを受けたりしましたが、中々上手くはいっておりません。
    そこで、持っている軽トラックを使って売り上げに結び付く仕事はが何かないだろうかと探していたところ、ねこえもんさんのブログと出会いました。

    初めは「為せば成る・・・」という上杉鷹山公の歌で引き込まれました。
    私も歴史が好きですし。
    自宅近くの城跡などたまに見て回ったりしています。
    お金が無いので遠くの有名な城址にはまだ行けておりません。(姫路城にも行ってみたい)
    因みに私は静岡県の焼津市という所に住んでいます。

    それはそうと、軽貨物運送事業についての記事とても興味を持ちました。
    また色々とご教授いただけたら嬉しいです。
    長いコメントになりました。
    お読みくださり有難うございました。(^-^)

    • 鈴木 誠様

      コメントありがとうございます。

      実は私も前職の関係で、2002年から焼津市に4年ほど住まわせて頂きました。
      とても人も温かくて、住みやすい良い所ですよね。
      こうやってブログを通じて、焼津の方とまたお近づきになれることに、格別なご縁を感じます。

      軽貨物運送については、私もまだまだ駆け出しで、偉そうなことは言えませんが、
      手っ取り早く「稼ぐ」という意味では、かなりのポテンシャルがあると実感しております。

      私も軽貨物配送業は、とりあえず飯を食っていくための「ライスワーク」と捉えてまして、
      近い将来、猫雑貨のお店を開業運営していくことを「ライフワーク」と考えております。

      集客とか営業って難しいですよね…。
      正直、めちゃくちゃ時間がかかることだと思います。
      なので私も、コツコツと本業(ライフワーク)の集客活動をしながら、
      まずは肉体労働(笑)で基本的な生活のベースを作っていければと考えてます。

      これから軽貨物配送の業務委託先(例えば佐川急便など)について、実際に体験した記事
      も書いていきますので、鈴木様にとって、少しでもお役に立てれば光栄です。
      今後ともご支援のほど、宜しくお願い致します。

      私もお城は大好きです。
      今の職場は姫路なので、毎日姫路城を見ていますよー(遠くからですが)。
      姫路にこられる際には、是非お声がけ下さいねー。

  2. 鈴木誠 より:

    ねこえもん 様

    鈴木です。
    ご返事のコメント有難うございます。
    ライスワークとライフワークという考え方はとても解りやすいですね。
    おかげでモヤモヤしていた頭の整理がつきました。

    100対0でなくともいいんですね?!
    当面の間80対20あるいは90対10くらいで、とにかく現在のピンチから脱することを目的にしようと思います。
    まだ具体的な業務のイメージができておりませんので、ねこえもん様がおっしゃるように事業プランまでは描けておりませんが、将来に向けて明るい見通しができたように感じます。
    ただ、稼ぎたい気持ちはあるものの、年齢的にハード仕事ができるだろうか、という心配がないではありませんが。
    まあ、これもやってみなければ分かりませんよね!

    焼津に4年も住んでいらっしゃったんですか?
    本当に奇遇ですね?
    ひょっとしたら、すれ違ったこともあるかもしれませんね!

    また色々と教えてください。
    宜しくお願い致します。

    また、

    早速、軽配送事業の業務委託をしている運送業者を当たり、資料請求したり、直接電話で問い合わせたりしています。

    • 鈴木 誠様

      コメントありがとうございます!

      そうですね!「やりたいこと」と「やれること」、どちらが早く稼げるかというと
      絶対に後者だと私は思います。その点でも、軽配送業は車と身体一つさえあればすぐに
      スタートできるのが魅力ですよね。

      ただし正直な所、軽配送もそんなにラクな仕事ではない、むしろキツい仕事かもしれません。
      しかし、それも「自分の夢の実現のため」と割り切れれは、見方も変わってくると思います。

      まずは、動き始めること。ジッとしていては何も始まりませんもんね。
      これからもお互いに頑張っていきましょう!

  3. 河野 より:

    初めまして!
    記事読ませて 頂きました!
    大阪市内 在住の24歳 河野のと申します

    僕も 軽貨物事業を始めようと
    思って いて とても 参考になりました
    ありがとうございます。

    • 河野様

      コメントありがとうございます!

      少しでもお役に立てた様で良かったです。
      こちらもまだまだ見習いです。一緒に頑張っていきましょう!

  4. hagedesu より:

    こんにちわ。ちょっとおききします。

    >
    ■車両数
    軽トラックで1両から始めることができます。
    ただし、乗用タイプの軽自動車は軽トラックに構造を変更することが原則として必要です。

    もともと会社に三菱のミニカの4ナンバーがあります。もちろん乗用車タイプの商用車です。
    このたび、軽貨物運送の仕事が入ってきそうなので、念のため黒ナンバー取得しようかと思っています。
    上記の説明ですとトラックにしなければならない。
    つまり、後部座席を取るなどしなければならないような印象を受けますが
    そもそも4ナンバーは貨物車ということなので
    構造変更しなくともそのままで黒ナンバーの取得手続きはできませんか?

    • コメントありがとうございます。
      再度確認しましたら、黒ナンバーの車両要件は、車検証上の用途欄が「貨物」となっている軽貨物自動車であることとのことでした。
      (文面訂正してお詫び申し上げます。)
      お持ちの車両の車検証をご確認お願いいたします。

  5. Tomtom より:

    ねこえもんさんへ
    黒ナンバーの取得についての記事を読みました。
    そして、本日、私の車も黒ナンバーに交換致しました。
    どうするのか?不安でしたが、ねこえもんさんの記事を見て、
    自分にもできるかも?と思うことができ、すべて自分で手続きを終えることができました。
    本当にありがとうございます。
    これからが本番ですが、無理せず、のんびりやっていこうと思っています。
    お世話になりましたので、お礼だけは伝えたいと思い、書かせて頂きました。
    今後とも参考になる記事を楽しみにしています。

    • コメントありがとうございます。
      そして、黒ナンバーの取得おめでとうございます。
      軽貨物配送の仕事といっても多岐にわたります。
      焦らず、慌てず、じっくりと検討されるのが良いかと思います。
      ボクもまだまだ駆け出しの身ではありますが、共に頑張っていきましょう。

  6. 湯本七郎 より:

    軽の黒ナンバー取得費用はいくらでしようか。

    • コメントありがとうございます。
      黒ナンバーの取得費用ですが、自分で申請すればナンバープレート代1,500円程度で済みます。
      ぜひこちらの記事を参考にしてください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 猫的生活のススメ , 2022 All Rights Reserved.